アイハ 軟骨

グルコサミンやコンドロイチンを繋ぐタマゴサミンのiHA

 

関節の痛みに悩んでいる方は多いと思います。

 

 

若いころはそれほどの症状を感じなくても、年齢を重ねるごとに痛みを感じたり動き辛くなってくるものです。

 

 

病院で治療しても保存療法がほとんどで、積極的な治療は行われませんし、できたとしてもかなり高額の医療費が必要となるかもしれません。

 

 

また、既存のサプリメントも種類が多すぎて、何を選択したらよいのが分からないという方がほとんどです。

 

 

そんな中、今、関節痛の方々の注目を集めているサプリメントがあります。

 

 

それはタマゴ基地のタマゴサミンです。

 

 

実はこのサプリメント、多くの方が関節痛の症状緩和を実感しているという口コミで話題になっているのです。

 

 

その秘密は、iHA(アイハ)という成分にあります。

 

 

あまり聞いたことのない名前かもしれませんが、このiHAは卵に含まれている成分で、関節と関節を繋ぐクッションを作ってくれる役割があるのです。

 

 

実はこれまで関節痛に有効と言われていたグルコサミンやコンドロイチンは、体内に入っても上手く機能しません。

 

 

iHAにはグルコサミンやコンドロイチンの手助けをして、関節のクッションを作る働きがあるのです。

 

 

つまり、タマゴサミンにはこれまでのサプリメントとは違ったアプローチで、関節痛を緩和してくれる可能性があります。